仏教哲学の本を読んでみました

慈悲 (講談社学術文庫)
慈悲 (講談社学術文庫) さる大学の教授が仏教哲学の碩学、中村元先生の本を勧めておられたので、ちょっと読んでみることにしました。
しかしこれが難しい。
引用している文献が原文のままなので、意味をなんとなく把握するのだけでも四苦八苦。
正直に申し上げて、どうしようもなくなってちょっぴり読み飛ばしちゃったところも多々あります。
んで、なんとか今日読了。
 
分かったことは、仏教の根幹はどうも「慈悲」らしいということ。
そしてそれは、「愛」や「仁」と一面似ているが、ちょっと違うということ。
 
他にもいろいろあるんですが、割愛します。
一つ言えるのは、最近仕事についていろいろ思索していて、一定の結論が出つつあるんですが、その助けになったなぁということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です