大腸カメラ日誌 2010.11.7 最近の成績

以前から痛くない大腸カメラ、見落としの少ない大腸カメラを心がけていますが、ちょっと思い立って最近僕が施行した大腸カメラの成績を調べてみました。
すると、最近施行した大腸カメラは10件連続で、S状結腸をたわませず、ストレート、無痛で通過していました。
大腸カメラの挿入で一番痛くなりやすいのは、一番たわみやすいS状結腸で、ここさえ痛くなく通れればあとは無痛で通れることが多いのです。
僕の場合も、10件のうち、ほとんどが検査中、どこも痛くならずに検査ができていました。
(ちなみに、癒着その他で痛みが出てしまった場合は鎮静剤を使いますが、痛くなければ鎮痛薬、鎮静剤の類は一切使っていません。)
 
大腸カメラ、大腸ポリープの日帰り手術は東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です