ドラッガーの「マネジメント(エッセンシャル版)」を読みました。

マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版] いやー、名著でした。
実は僕も2年ちょっと前にクリニックを継承した際、ちょこちょことビジネス本を読みましたが、今思えば小手先のテクニックの話ばかり。
見よう見まねで今までの経験と勘のみで運営をしてきましたが、本当に求めていたのはこの本でした。
 この本に書かれているのは、小手先のテクニックではなく、規範とすべき哲学です。
経営をしていればいろいろな陥りやすい罠がそこかしこにあるものですが、それを少しは俯瞰できるようになりました。
これだけ体系だてて組織のマネジメントのことが書かれているというのは、本当にすごいですね。
著者が「神様」と呼ばれているのもうなづけます。
 今回、この本を読んで、クリニックのいろいろな課題について、解決の方向性が見えました。
また、今後目指す先についても考えることができるようになりました。
これからも、僕の座右の書の一つとして大事にしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です