皮膚科で美容日誌 2010.06.24 ボトックスで制汗

 梅雨に入って、汗で悩む患者さんが多く来院されるようになりました。
他のクリニックでは、抗コリン剤を処方してしまうところもあるようですが、おすすめしません。

 「抗コリン剤」とは、アセチルコリンという物質を抑える薬。
確かに汗も減るのですが、口が乾いたり、目が乾いたり、消化管の動きが落ちたりと、いろいろと副作用が出てしまいます。
ということで、長期連用はしてはいけないお薬。
ただ、一時的に汗を止めたい場合には使ってもいいのかもしれません。

 ワキなど、一部分の汗やニオイを抑えたいときはボトックスの方がお勧めです。
当院でも、ボトックスによる制汗は行っており、少量で試したい方には¥15,750で施行しています。
(通常量で施行する場合は¥31,500になります。)
注射をしてから1週間程度で、かなり汗の量が減るという声を多くいただいております。
気になる方はご相談ください。

 

ワキのボトックス注射なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です