大学に来ています。

 内視鏡所見入力システムで少しトラブルがあり、大学に来ています。
トラブルの原因は、オーダリングシステム上のコードの一部に変更があったことと、windows 2003 server上の共有フォルダのクォータ設定が生きてしまっていたこと。
専門的な話で恐縮ですが、windows 2003 serverは標準では共有フォルダの利用可能容量(クォータ)を1GBに制限してしまっていたのでした。
マイコンピュータから共有フォルダを設定しているドライブのプロパティを開き、クォータのタブを開いてこの制限を解除してあげたところ、今回のトラブルは無事解決。
よかったよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です