QNAPのグレードアップ

【Try 1】
実家で使っているQNAPをTS-231+ →TS-231P2にグレードアップするにあたって、TS-231+の電源を落とした後、ディスク1を
KURO-DACHI/CLONE/U3
https://www.kuroutoshikou.com/product/case/original/kuro-dachi_clone_u3/
でクローンして、そのクローンしたHDD(新HDD1)と新品HDD(新HDD2)をTS-231+にセットして起動して放置したところ、QFinderで検出できず。
今回は3TB→6TBのクローンだったのですが、よくみたらKURO-DACHI/CLONE/U3は3TBのドライブまでしか対応しないと書いてあった…。
(今思えば電源長押しで電源落として、再起動したら普通に動いた可能性あり)

【Try 2】
旧HDD1+旧HDD2の組み合わせで起動したら普通に動いたのを確認。
この時点でちゃんとシステムから容量アップグレード用の操作をすれば、安心して作業できたようですが、そんな方法があるとは思いもよらず、とりあえず旧HDD1+新HDD2をセットして起動。
1日置いて、再度見てみると、またもQFinderで検出できない状態。
(ここで再起動していれば普通に動いた可能性あり)

【Try 3】
旧HDD1だけ挿した状態で普通に起動するのを確認後、新HDD2の論理ドライブを全て消去して、再度電源offにした状態から旧HDD1+新HDD2をセット。
1日置いて、見てみるとやはりpingにも反応しない状態。
ただ、電源長押しで電源off→電源onで通常通り動きました。
この感じ、やはり Try 1 の時点で再起動したら普通に動いたパターンですね…。
システム上で容量アップグレード用の操作をすればいいはずが、どうにも見つけられず。(あとになって「Control Panel」→「ストレージ&スナップショット」→「ストレージ/スナップショット」→「管理」ボタン→「管理」ボタン→「ディスクを一台ずつ交換する」で良かったと判明)
とりあえず再度シャットダウンし、HDD1も新HDDに交換してミラーリング処理。やはりボタン長押し強制終了→再起動で通常通り動作。

もうディスクは交換済みですが、 「Control Panel」→「ストレージ&スナップショット」→「ストレージ/スナップショット」→「管理」ボタン→「管理」ボタン→「ディスクを一台ずつ交換する」 をクリックし、「容量の拡張」ボタンをクリック。
これで容量拡張作業が始まって、数時間で無事終了。

こうして出来上がったHDDを、今度はTS-231P2に挿して起動。
QFinderで見てみると、ネットワークの設定はリセットされてしまうようで、IPがDHCPで取得されています。
QFinder上でダブルクリックすると、QFinder上でIDとパスワードを要求されますが、管理者IDとパスワードでログインしようとしてもログインできず。
その後、ファームウェアの更新をするよう要求されたので、そのまま更新。
更新(2回くらい更新させられたような気もしますがちゃんと覚えてない…)が終わった後、今度はちゃんとQNAPのページが立ち上がってログイン出来ました。
ネットワーク関連(IPやDNSなど) の設定以外の設定はきちんと生きていて、ユーザーアカウントやフォルダ関連の設定はいじらずに済みました。
便利。

コメントを残す