内科・皮膚科日誌 2012.11.30 ひどい対応が人を殺す(かも?)

 最近になって、「病院嫌い」の方々の中には、「もし病気が見つかったらイヤだから先延ばし」というパターンのほかに、医者にひどいことを言われて病院が嫌いになってしまった、というパターンもあることを知りました。

 先日、産業医先の方に「病院って、ひどい医者が多くて、今まで行ってあまりいい思いしたことなくて…」と率直に言っていただきました。
多分、そう言ってもらえたということは、僕は「ひどい医者」認定を免れたものと思いますが、気を付けなければいけませんね。

 ひどい対応をしてしまってその方が病院嫌いになってしまったとします。
その人が重篤な病気にかかった際、「どうせ病院行っても嫌な思いするし」と受診を躊躇して取り返しのつかないことになってしまった場合、間接的に人を殺してしまうことになるわけで。
恐ろしいことです。

内科・皮膚科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です