コンデンサ交換 備忘録

9月にマザーボードのコンデンサ交感をしたんですが、早くもいろいろ忘れてきているので、書き残しておこうと思います。
個人の備忘録ですので、ご自身で試される時は自己責任でお願いします。

はんだシュッ太郎  サンハヤト HSK-100 ハンダ関連用品 ヒーターと吸引管を一体化させたハンダ吸取器
はんだシュッ太郎  サンハヤト HSK-100 ハンダ関連用品 ヒーターと吸引管を一体化させたハンダ吸取器 グランド側じゃない方(たしかたいてい丸い形)のハンダは、はんだシュッ太郎で足の上下左右を5つ数える間当ててあげるだけでほぼ吸い切れる状態になる。
グランド側(たしかたいてい四角)は熱容量が大きく、かなり手ごわい。
最近の無鉛はんだは融点が高いので、融点の低い追いハンダが必要。
(たしかはんだシュッ太郎である程度ハンダを除去してから、)本などでマザーボードを立てた状態で固定し、ペンチでコンデンサの頭を引っ張りながらハンダごてで足を熱するとすぐ取れる。
穴に残ったハンダについては、切り取ったコンデンサの余分な足をハンダごてで熱しながら通すなどし、コンデンサの足が通るようにしておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です