最近思うこと。

最近思うことを少し。
自分を振り返って反省することもしばしばな内容です。

 小さなことで人を許せない人は、自分も許してもらえなくなる確率が高い気がします。
許せる人は、人からも許してもらえる確率が高く、(日本の社会では)結果的に精神的にも、物質的にも得をしていることが多いのではないでしょうか。
また、「許せない気持ち」は自身にとって「苦しい」感情であるという点も、見逃せません。
 「だれだれが○○をしてくれない」と怒ることが多い人は、誤解を恐れず極めて率直に言うと、やや自立できておらず、未熟な側面を持っていることが多いように思います。
結果的にその未熟性が自分も周囲の人も苦しめることがあるのでは。
 未熟性は幼少時の家庭環境に原因の一端があることも多いものの、結局のところ、本人が乗り越えるしかない側面を持つように思います。
時として精神療法的アプローチが奏功することがありますが、それには相当な時間と労力、何より本人の気力が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です