内科日誌 2011.11.23 「人」あっての医療

最近よく思うのは、医療って「人」で支えられてるんだよな、ってこと。
僕が滞りなくクリニックを運営できているのも、人材(人財)あってのこと。
今はいいスタッフが集まってくれていて、しかもみんな辞めないでくれているから、本当に助かっていますが、みんな辞めちゃったら相当しんどい。*。(*´Д`)。*°
僕はみんなの「がんばろう」という気持ちの上に立脚して仕事をしているわけで、一面から見れば非常に心もとないものに基礎を置いているわけです。
でも実はこれ、医療業界全体がそうなんですよね。
人間を相手に、その人の体の事について、人間がサービスを提供するわけですから、当たり前と言えば当たり前。
機械に代わりができるはずもありません。

内科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です