内科日誌 2011.08.10 エアコンより、テレビを消して熱中症予防

株式会社野村総合研究所が4月15日に発表した『家庭における節電対策の推進』によると、テレビを消すと、エアコンを消すよりも1.7倍も節電に効果があるとのことです。
 
節電にはエアコンよりテレビを消すべきという話。
それを言ったらテレビも本物! と思っていましたが、やはりそれを言うテレビ番組はありませんね。
「結局は節電より商売」と言われても仕方がないかも?
 
医師としては、熱中症になるよりテレビ消してエアコンつけてください、ということになりますね。テレビ関係の方々には大変申し訳ないんですが…。
 
こちらも参考になります。
エアコンの消費電力は電源を入れて17分後にはたったの80Wになる
 
内科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です