内科日誌 2011.06.22 論語と算盤とクリニック

現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)
現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書) 渋沢栄一著 守屋淳訳 現代語訳「論語と算盤」をしばらく前に読了しました。
僕が言うのはおこがましいかもしれませんが、非常に共感。
読了したときは、なんだか渋沢栄一が愛すべき自分の祖父かのような、不思議な気持ちになりました。
もしこの人の下で働いていたら、おそらくいきいきと身を粉にして働いていたと思います。
 
理想論にすぎるという方もいらっしゃるかもしれませんが、長く続く会社はやはりこういう理念で動いているのではないでしょうか。
考え方が非常に僕の性に合っているので、うちのクリニックはこの方針で行きたいと思います。
(といっても、もともとの方針とあまり変わるところはありませんが・・・。)
 
心に響いたフレーズを蛍光ペンでチェックしてあるので、たまに眺めて、支えにしていきたいと思います。
名著です。
 
内科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です