内視鏡日誌 2011.05.31 当院の内視鏡洗浄

交換時期の過ぎた消毒液を誤って使っていた病院が報道されていました。
また、かつて一部の病院で、きちんとした洗浄をせずに内視鏡検査が行われていたらしい、ということも耳にします。(今はないと信じたい…。)
 
当院では一回の内視鏡検査ごとに、丁寧に手洗い等をした上で、カイゲン社のCLEAN TOP WM-Sという消化器内視鏡専用の洗浄消毒器を使用しております。
毎朝、強力な電解酸性水を生成してから使用しておりますので、「消毒液の交換時期が過ぎる」といったことは起きえません。
(しようとしても、生成から12時間経つと洗浄できないように装置が設計されています。
また、電解酸性水が消毒に適さない状態になっても、自動的に検知して動作しないようになっています。)
安心して検査を受けていただければと思います。
 
胃カメラ、大腸カメラなら東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です