内科日誌 2011.05.23 米国の慢性膵炎の原因

米国の539人の慢性膵炎の患者さんを対象にした疫学調査で、飲酒が原因とされたのは半数未満(44.5%)で、原因不明が28.6%、飲酒以外の原因が26.9%だったそうです。
また、喫煙で原因不明の慢性膵炎のリスクが2倍近くに上がるというデータも出ているようです。
 
日本でも、「慢性膵炎」=「多量飲酒者」と決めつけてしまう先生が少なくありませんが、実は米国でも同様の思い込みがあるようで、それが今回のデータでも否定されたわけです。
そしてまた、「意外に禁煙が大事」ということも強調されるべきですね。
 
Coté GA et al. Alcohol and smoking as risk factors in an epidemiology study of patients with chronic pancreatitis. Clin Gastroenterol Hepatol 2011 Mar; 9:266.
内科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です