内科日誌 2011.05.16 コレステロールの薬で長生き

これもイギリスの研究。
statin系の薬(高コレステロール血症で使われる代表的な薬)を飲んでいると、肺炎と診断されてから6か月以内に死ぬ確率が30%減る、というデータが出たようです。
なんでそうなるのかははっきりしていないようですが、コレステロールが高い人は飲んでおいて損はなさそうですよね。
いろいろおまけの効果(?)があるわけですから。
Douglas I et al. Effect of statin treatment on short term mortality after pneumonia episode: Cohort study. BMJ 2011 Apr 6; 342:d1642.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21471172?dopt=Abstract

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です