放射性セシウムの実際の半減期

放射性セシウムの半減期は30年ということで、不安に思われている方も多いように思います。
ただ、「一度摂取したら30年経っても体の中から半分しか出ていかない」と思っているとしたら間違いです。
放射性セシウム137の物質としての半減期は確かに30年ですが、体に入ってから出ていくまでの半減期(生化学的半減期)はまた別の話。
放射線医学総合研究所 緊急被ばく医療研究センターの資料によると、生化学的半減期は平均109日(68日から165日)とのこと。
もし摂取しても、継続して摂取し続けなければ、3、4か月で半分は体から出て行ってくれるわけです。
内科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です