中国製タバコに注意・・・いや、タバコに注意?

禁煙外来が盛況ですが、ロイターのニュースで、中国製タバコの一部は鉛、ヒ素、カドミウムが非常に高い濃度で含まれているという論文のことが報道されていました。
米国ニューヨーク州のロズウェルパークがん研究所の調査で、英専門誌「TobaccoControl」に掲載されたそうです。
一部はカナダのものの3倍に相当する重金属が含まれていたとのことで、原因は土壌の汚染ではないかとのこと。
このニュースを読んで思ったのは、「中国製のタバコは怖いな」ということではなく、品質管理されたカナダ産のものでも鉛、ヒ素、カドミウムなどの有害な重金属が結構含まれているわけで、当たり前のことながら「禁煙した方がいいですね」ということ。
もう一生吸いたくないな、と思ったら禁煙外来をご利用ください。
禁煙外来なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です