内科日誌 2010.07.11 漢方の勉強会に参加してきました

 昨日の夜、漢方の勉強会に参加してきました。

 今回は解熱鎮痛剤(NSAID)の副作用は漢方的にはどう捉えられるかや、いくつかの生薬の働き、古典の紹介など、多彩な内容でした。
特に解熱鎮痛剤(NSAID)の作用、副作用の話は大変参考になりました。
体が発熱して戦おうとしているときに無理に下げようとしてもダメ、かえって悪い作用が前に出てくる、という。

 保険で出せる漢方薬は全部で130種類くらい。
さらに使いこなせるようにがんばりたいと思います。

 
内科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック。渋谷駅から徒歩2分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です