内科日誌 2010.06.30 お酒で顔が赤くなる人は食道癌に注意!

今日のためしてガッテンでも紹介されていたデータです。
食道がんのリスクは、1日1合飲む人に比べて、2合だと6倍、3合だと11倍。(日本酒に換算した場合)
お酒を飲むと顔が赤くなる人はさらに注意が必要です。
飲酒で顔が赤くなる人は、アルコールが分解されてできる発がん性物質のアセトアルデヒドを分解するのが遅く、発がん性物質により強く暴露することになります。
赤くならない人が1日1合飲むのに比べて、1日1合の場合で6倍、2合飲む場合は54倍、3合飲む場合は77倍のリスク。
一番危険なのは、もともと飲めなかったのに飲めるようになった、という人。
そういう人は分解酵素が強くなったのではなく、アセトアルデヒドに鈍感になっただけですので、より強くアセトアルデヒドに暴露してしまい、大変危険なんです。
また、蒸留酒(ウイスキー、ブランデー、焼酎など)が好きな人、喫煙者も要注意。
年に一度、必ず胃カメラを受けてくださいね。
胃カメラなら東京 渋谷ヒラハタクリニック。
WEBや携帯での予約はこちら(予約は無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です