2010.04.19 内科・皮膚科日誌 漢方の上手な飲み方

 世代間ギャップなのか、「漢方を飲んだことがない」という方が非常に多くなってきている感じがします。
副作用が少なく、安心して飲める漢方も、独特のニオイや味があるので、やはり上手な飲み方を知らないと辛いもの。
今日は漢方の一般的なエキス剤の飲み方について、ご紹介します。

 マニアックに追求すれば、この漢方はお湯に溶かして飲んだ方がいいとか、この漢方は冷水で飲んだ方がいいとか、漢方薬によって違ったりするようなのですが、それでどれだけ効果が変わるか、というと詳しいデータはないように思います。
むしろ、しっかり毎回飲む、ということが大事。
ということで、一般的な飲み方をお伝えしておこうと思います。
漢方を飲むときは、いきなり薬を口に入れるのではなく、一口水を口に含みます。
そこへ漢方薬を入れ、たくさんの水で一気に飲む! というのが簡単です。
ニオイも味もあまり感じないですみます。
逆に、いきなり薬を口に入れたらなかなか厳しいことになります・・・。
どうぞ、今回の記事を参考にして、みなさん内服名人になってくださいね。

 
内科・皮膚科なら東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です