2010.04.12 内科日誌 膵臓の悪い人がラーメンがどうしても食べたい時

 当院には、膵臓の弱い人がたくさん通院していただいています。
膵臓の弱い人は油ものを食べると調子が悪くなってしまいますので、極力食べないでいただくわけですが、それでもやはり、どうしてもラーメンが食べたくなることもあります。
しっかり「慢性膵炎」になっている方はやはり我慢していただくしかないわけですが、まだそこまでではない、という人であれば、今日ご紹介する方法が使えるかもしれません。
(この方法を使っても調子が悪くなる人もたくさんいると思います。
決して「食べても大丈夫」と太鼓判を押しているわけではなく、「次善の策」としてお読みください。)

 これは今日、患者さんに教えていただいたんですが、ラーメン屋さんに行ったとき、「油を入れないで」と言えば、調味に使う油(背脂とか)を入れないでくれるようです。
それでもおいしいラーメン屋さんはおいしいですよ、とのこと。
僕も膵臓が弱いので、かえって油を足さないでもらった方がおいしく感じるのではないかと思います。
どうしてもラーメンが食べたいとき、お試しください。

膵臓が弱い方は、東京 渋谷ヒラハタクリニック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です