Core2Duo E4300をお手軽クロックアップ

医局の新しいビデオ編集用パソコンを組むことになり、CPUにCore2Duoを選択しました。
単に作るだけじゃ面白くないので、最近話題のE4300のクロックアップに挑戦することに。
(ここから先の内容は、動作の保証をするものではありません。
実践される際は、あくまで自己責任で。
CPUに限らず、機械には個体差が必ずあり、同じようにしても同じ結果が得られるとは限りません。)
まずはマザーボード。
鉄板との誉れ高いP5B Deluxeをチョイス。
それにFSB800MHzのCore2Duo E4300を載せ、Windows XPをインストール。
ドライバ等をすべてインストールし、Windows上で動作するASUSのツールでFSBを800から1066MHzにクロックアップ。
これだけで自動的にCPUは1.8GHzから2.4GHzにクロックアップされました。
今のところ安定動作しています。
なんてお手軽なんでしょう!
マザーボード上のジャンパーピンをちまちまいじっていた昔と比べると隔世の感があります。
ともあれ、E4300がたったこれだけの作業でE6600相当にクロックアップされました。
お値段にすると2万円ほど得した計算。
いやぁ、いい買い物しました……。(^-^)

「Core2Duo E4300をお手軽クロックアップ」への4件のフィードバック

  1. 元々、動画をいじる予定だったんだけど、面倒になって今日まで先送りになっている状態です。
    家に貯まったVHSのうち、幾つかをDVDにしたいんだけど、キャプチャボードもまだ買っていません。
    それに作業的には家庭用VHS・DVD・HDD三位一体レコーダーを勝って行う方が早いんだろうね。

  2. コメント遅れました。
    そうですねぇ、やっぱそういう特定の機能に特化した機械の方が圧倒的に楽でしょうねぇ。
    テロップとかいろいろ入れだしたらやっぱりパソコンなんでしょうけど……。(^-^;

コメントを残す