やはり参拝してしまいましたね……

8月15日、この象徴的な日に、小泉首相が靖国に参拝してしまいました。
強硬な姿勢を見せることで、「日本は折れない国だ」ということを示す必要がある、という人もいますが、それを示すのは靖国でなくて良いでしょう。
それを示したいなら、靖国などという批判するためのエサをバラまかずに、海洋資源問題や領土問題で毅然とした態度をとればいいのではないでしょうか。
最初から靖国など参拝していなければ、むしろもっと強い態度で交渉に臨めたかもしれません。
「参拝で日本が折れないことを示せる」というのは、僕は詭弁だと思っています。
「参拝を非難するのは内政干渉だ」という人もいます。
しかし、(理由や背景はどうであれ)攻めていって人を殺すことこそ最大の「干渉」でしょう。
最大の干渉をしてしまったのですから、相手の意見には真摯に耳を傾けるべきだと思います。
「内政干渉だ!」と突っぱねても、相手には何の説得力もないでしょう。
加えて、憲法違反の可能性が極めて高い行為であることも、忘れてはならないと思います。

「やはり参拝してしまいましたね……」への2件のフィードバック

  1.  小泉のセリフは内容のないウソだってこと、ちょっと考えれば分かりそうなもんなのに、どうして簡単に乗っちゃうひヒトがこんなに多いのか? 全く理解出来んです。
     曰く、「A級戦犯がいようがいまいが、多くの戦没者に対する、犠牲の上に今日の日本の平和と繁栄はあるんだ、二度と戦争は起こしてはいけない、そういう思いを込めて靖国神社に参拝いたしました」
     戦争は悪い事だった、そして二度と起こさない、と本当に誓うのなら、また、多くの犠牲を痛いと感じる心があるのなら、行くべき処は靖国ではないでしょう。
     靖国の精神に導かれた戦争に反対したため治安維持法によって「売国奴」として投獄されたり、不当な名誉棄損を受けた人達、それにも関らず戦争に断固反対し続けた為、人権すら剥奪され虐殺された人達。 こういう人達に対してこそ謝罪し、反省すべきではないのか?

コメントを残す