ハリポタ1巻読みました。

ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版) えぇと、今更なんですが、「ハリー・ポッターと賢者の石」(つまり第1巻)を読みました。
映画で観ちゃってたんで、うろ覚えながら内容が分かっており、途中まで若干ダルかったんですが、後半からはかなり面白かったです。
 本当によくできている本を読んでいる時って、本の中にも自分の居場所ができるというか、その世界で暮らしてる感覚が出てくるもの。
僕にとって、この本もそんな作品の一つですね。
今は第2巻をちょっとずつ読んでいるんですが、現実とハリポタの世界の二重生活を楽しんでる感じです。
間違いなく、古典として未来に読み継がれていく作品でしょうね。
 ハリー・ポッターシリーズと言えば、分厚いハードカバーを思い浮かべられる方も多いかと思いますが、今は小さな携帯版もあるようです。
価格も安くて(998円)、お買い得。
オススメですよ。
(左の写真は携帯版です。クリックでamazonへ。)

「ハリポタ1巻読みました。」への4件のフィードバック

  1. 翻訳者の、本に対する愛情を感じる訳だよね。
    たまに日本語が若干変だったりするけど、原文に忠実な訳にしたかったんだろうなぁと思ったり。
    ところで、映画だとクィディッチの試合でポッターとマルフォイが競り合うシーンがあったように思うんだけど、本だと無くね?

  2. なんか、うちの奥さんにこの話をしたら、俺の記憶もかなりいい加減だということが判明……。(;´Д`A “`
    なんか、映画の方は話が進めば進むほど圧縮率が高くなって、かなり厳しいことになってるみたいだね。
    上下二巻を2時間そこそこにするって事自体無理らしい……。

コメントを残す